MLC円山レディースクリニック

スタッフ紹介

院長 鈴木孝浩

 札幌医科大学病院やその主要関連病院で、外来・妊娠管理・分娩・手術・抗がん剤治療・不妊症など、産婦人科医としての経験を積んでまいりました。
 とくに、癌治療、子宮脱領域が最もかかわった患者様が多いですが、不妊症や分娩でも数多くの患者様と接してきました。
 これまでの経験をいかし、気軽に受診できるクリニックを目指しております。
 
 院内には診察室はもちろん手術室や体外受精にかかわる培養室、レントゲン室も備わっており、術後休んでいただく回復室もあります。
 婦人科一般検診はもちろん、不妊症、更年期障害、アンチエイジング、尿もれ・子宮脱など、若い方からご年配の方まで対応させていただければと思っております。
 
 円山レディースクリニックは、北1条通り鳥居前に位置します。
 ひっそりたたずんでおり、皆様のお越しを心よりお待ちしております。



鈴木孝浩

1993年札幌医科大学医学部卒業
札幌医科大学産婦人科に所属
1999年札幌医科大学医学部大学院卒業
2001~2003年アメリカピッツバーグ大学留学
2005~2010年札幌医科大学病院産婦人科講師
現在札幌禎心会病院婦人科兼任

日本産婦人科学会産婦人科専門医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
母体保護法指定医

鈴木美和

 札幌市立向陵中学校、北海道立札幌北高等学校を経て札幌医科大学に進み、産婦人科医となりました。大学病院では婦人科一般外来、手術治療、がん診療に携わり、関連病院にて産科、不妊症診療を経験し、数多くの患者様とお会いしてきました。

 産婦人科を受診することに抵抗をお持ちの方がたくさんいらっしゃると思いますが、体調がすぐれないとき、月経、妊娠、出産、母乳育児、更年期についての様々な女性特有の悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

 これまでお会いした患者様から与えていただいた経験を生かし、同じ女性の立場から、わかりやすい説明、適切な治療、安心できる診療を提供させていただきます。

 お一人お一人の生活背景やご希望に柔軟に対応できるクリニックとして時を重ねていけたらな‥と思っております。

鈴木美和

鈴木美和

2003年札幌医科大学医学部卒業
札幌医科大学産婦人科に所属
2010年札幌医科大学医学部大学院卒業

日本産婦人科学会産婦人科専門医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

※ 火曜、土曜午前の診察を担当しています。

母乳外来担当

「これでいいのかな」「大丈夫なのかな」「こんなはずじゃなかったのに」

 助産師として勤務する中で、又、自分自身の妊娠分娩産褥期、育児を通しても、よく耳にする、頭に浮かぶ言葉でした。 私自身、第2子が早産で、出生後はNICU管理を必要とする状況の中、授乳や乳房ケアなど、助産師として知っていたはずのことを、母として実際に行う中で、初めて知る不安や苦労と感じる出来事がありました。 情報があふれ、簡単に手に入る現代社会の中で、自分は何を選び、どう自分なりに取り入れていくかを気軽に聞ける場所、あるいは想いを表出できる場所があったらいいのにな、と思い始めたのはその頃でした。

 お母さんになって初めて体験する疑問や不安がある。 誰かに聞いてほしいこと、聞きたいことがある。 そんな想いを支えることができないかな、という医師とスタッフの想いで、円山レディースクリニックの母乳外来は始まりました。

 一人一人のお母様、お子様にとって今この時に必要なお手伝いは何だろう。 それを一緒に考えます。

 どんな風になったらお母さんは今より少し楽になれるかな
 もっとお子さんや家族を愛しく思えるかな
 家族の笑顔が増えるかな
 そんなビジョンを思い浮かべて、それを叶えることができる、そんな母乳外来を目指しています。

 必要なときには医師による診察も併せて受けていただける、お母さんのための、さらには女性の体をトータルに支えさせていただけるそんな場所でありたいとスタッフ一同考えております。 どうぞ、お気軽にご相談下さい。 お待ちしております。

母乳外来担当より

前田幸子(看護師、保健師、助産師、母乳外来担当)

札幌医科大学保健医療学部卒業
北海道立衛生学院助産師科卒業
札幌医科大学附属病院産科周産期科にて助産業務に従事
ほか北海道内複数施設にて勤務
当院開院とともに助産師として勤務

看護師/セラピスト

 多くの重症疾患の患者様が治療を行う病院で、身体や精神の苦痛を抱え生活する現場を経験しました。又、病棟師長の経験の中で、援助する側の看護師が、腰痛などの慢性的な痛みや不快な症状に悩み、それらが改善されない現状に直面し、病気や症状の予防を真剣に考える機会を得ました。

 ハワイ島でロミロミと出会い、その治療的、看護的マッサージを多くの方に提供したいという思いで施術させていただいています。多くの患者様と、その患者様をサポートする医療者に対しても、ロミロミの心地よさを感じていただきたいと考えています。

看護師/セラピストより

亀田 君恵(看護師/ロミロミ セラピスト)

看護師勤務経験
北海道社会保険中央病院(現 北海道病院)、市立函館病院、羊ヶ丘病院(元病棟師長)、ほか複数
現在、北海道医療大学看護福祉学部にて精神看護、成人看護、在宅看護臨地実習指導を担当
セラピスト経験
2014年 ハワイ島で伝統医療ロミロミをハワイアンのクムロミ(最高指導者)デェーン・シルバから直伝
成人、小児の難病、癌疾患、妊娠中や妊活中の女性、慢性的な症状や後遺症、終末期等の方、そしてリラクゼーション、健康維持、ダイエット等に対して、延べ2,000人以上の施術を経験し現在に至る
現在も定期的にハワイ島でロミロミの技術を学び続けている

関連病院