MLC円山レディースクリニック

診療内容がん免疫療法

がん免疫療法

子宮癌、卵巣癌などに長年携わってきた婦人科腫瘍学会腫瘍専門医である当院医師が、筑波大学から起業したセルメディシン株式会社と提携し、自己がんワクチン療法を提供します。2011年より多くの患者様にこの治療を受けていただいております。保険外の自由診療に相当しますので、高額な治療費が必要ですが、当クリニックではなるべく患者様の負担が少ないように、配慮しております。

具体的には、手術で摘出した自分の悪性組織は通常ホルマリン固定され、あるいはパラフィンブロックとなっております。

このがん組織をとりだし、セルメディシンの実験室にて悪性細胞へ自己免疫が誘導されるように加工が加えられます。

完成したワクチンは1週間以内で当院へ送られ、患者さまに投与されるようになります。

ワクチンは外来投与で、入院の必要はありません。

1コースでは免疫反応テスト2回ワクチンの本体摂種3回の合計5回皮内注射を行います。通常は2週間毎に摂種のため、合計6週間ほどかかります。1コースまたは2コースで完了となっております。

ホルマリンは製造過程で除去されているため、体内に悪影響を及ぼすことはありません。