MLC円山レディースクリニック

診療内容婦人科がん検診や子宮筋腫、子宮内膜症

婦人科がん検診や子宮筋腫、子宮内膜症

婦人科検診は、子宮、卵巣です。

卵巣は細胞分裂が盛んなため腫瘍ができやすく、若い方からご年配の方まで腫瘍になる可能性があります。悪性となった場合、難治性であり治療が長くかかることがあります。

子宮の入り口にできる子宮頸がんは20代~30代が一番発症しやすいでしょう。

子宮体がんは閉経を迎える50代以降に多い癌ですが、閉経前でも月経異常を認めたりする場合に悪性であることもあります。

また、がん以外にもこれらの臓器に発症する病気の検査も行えます。

将来のためにも定期的に婦人科で検診を受けることが大切です。

婦人科のがん検診は、希望すればいつでも受けられます。

また、一定の年齢以上の女性には「がん検診を行ってください」と診察券付きの案内がおくられてくることもありますので、当院では対応させていただいております。

これを利用すれば、無料~2000円前後で婦人科のがん検診を利用できるでしょう。

診察券が送られて来たらぜひ活用してください。通常1分以内に終わります。

子宮頸部がん検診や子宮体部がん検診は子宮から細胞の一部をとって、がん細胞の有無を調べます。細胞の摂取方法は、膣からブラシを挿入し、子宮の内壁から細胞をこすり取るのです。

子宮頸がんは20代~30代の発症が最も多く、しかも、子宮頸がんの原因はHPVというウィルスで、性交渉の経験がある女性ならばだれもが感染している可能性があります。当クリニックでは、HPV検査も可能です

卵巣検診は超音波検査になります。当院の最新鋭超音波器は細く痛みの少ない機種です。卵巣の確認と同時に、多くの女性が罹患していると言われている、子宮筋腫、子宮内膜症の有無などを同時に診察します。