MLC円山レディースクリニック

診療内容不妊症(不妊治療)

不妊症(不妊治療でタイミング法から体外受精まで対応します)

なかなか妊娠しにくい方、結婚前に妊娠できるのか確認したい方など、”不妊”という言葉にとらわれずに、受診してみてほしいと思います。

当院では、現在の状態を検討し、タイミングをはかることから、ホルモン治療、さらには採卵したのち体外受精をおこない子宮内に戻す高度生殖医療まで行っております。

ホルモン治療では、年齢、卵巣予備能力、不妊の原因に合わせ、内服法から最近行われているGnRHアンタゴニスト法まで患者様一人一人に合わせた治療をご提供しております。すでにほかの医療機関で治療を受けてきた方、なるべく自然に近い形で妊娠したい方、とにかく早く妊娠したい方など、個人に合わせた方法を考えたいと思っております。 

当クリニックでは、満46歳以上の不妊初診患者様はお受けしておりませんので、ご来院の際はご注意いただきますようお願い申し上げます。高齢妊娠した際の母体および胎児の状態を考慮し、リスクが高まることからこのように基準を設けていることをご理解いただけますと幸いです。

  1. 一般不妊治療
    1. 不妊原因の検査
      • ホルモン検査、子宮卵管造影および子宮鏡による子宮内腔の確認、排卵の時期に卵胞確認などを行い、AMHの値による卵巣予備能を確認します。
      • 近年、女性だけでなく男性に原因があることが多く、男性不妊因子の確認を行います。
      • 原因がどこにあるのか診断したうえで、ホルモン療法、手術療法などを検討します。
    2. 原因にあわせた治療
      • 基本的には患者様の年齢とAMHの値、諸検査による原因をみたうえで、通常の治療で妊娠する可能性が十分あるのかを検討し、個々人の現在の状況を考えたうえで、相談しあいながら治療法を決めていきます。
      • なるべく自然妊娠に近い流れで、内服ホルモン剤、注射剤などのステップアップののち、最終的に体外受精や顕微授精などの最先端医療を用いて、すべての患者様が妊娠できることをめざします。
      • ホルモン療法としては、①排卵促進剤と漢方薬、②注射剤としては卵胞刺激ホルモン等を用います。通院が難しいかたには、自己注射で対応できる方法をご案内しております。排卵を促すhCGという注射で排卵のタイミングをはかりますが、有効ではない方の場合体外受精の検討となります。
      • 体外受精では成熟卵が採取できるのかどうかが非常に大事です。自然周期、GnRHアンタゴニスト法、ショート法などを用いて、院内ホルモン検査を併用しながら、採卵へ向かいます。採卵は麻酔下で痛みを除去し、手術室にて行います。培養室が手術室ととなり合わせなので、卵の状況がすぐ確認できます。
      • 男性不妊の原因が閉塞性無精子症であれば、TESEを施行し、顕微授精へとなります。